中山マコト氏が提唱するPOP

中山マコト氏は物を売るときに重要なことはPOPだと提唱しているのですが、POPとは何のことなのでしょうか。中山マコト氏はこのように言っているのですが、最初のPはパッと見て、Oはオーとなって、最後のPはピンときて買っちゃうということです。このようにアルファベットで訳して明記する場合には、かなり固い内容になっていることが多いでしょう。それに比べて中山マコト氏が提唱しているPOPは、とてもゆるい感じがします。このようにゆるい文章にして解説をすることで、いろいろなメリットがあります。まずは誰が見てもわかりやすい、他にもインパクトがあって覚えやすいと言えるでしょう。確かに何気なく買い物をするときには、商店街やデパートの売り場でパッと見た印象がよいから購入してしまうという人がいます。最初に目に入ってきた商品を見たとき、よい印象を与えることがオーとなることだと言えます。これが欲しいと手に取ってレジに行けば、最後のPが完成するというわけです。店頭で物を売る場合には、このPOPがかなり重要になると言っても過言ではありません。もちろん最初のPがうまくいくことが重要になるので、まずは多くの人の目に留まるような配置や、ここにこのような商品があるということをより多くの人に知ってもらえるようにすることが重要です。これができて初めて商品の魅力を伝えるという作業が効果を出してくると言えるでしょう。ここで魅力が相手に伝われば、お客に購入してもらうことができるので、売り上げになるというわけです。

中山マコト氏が提唱しているPOPというのは、店頭に並んでいる商品だけではなく、インターネット上で販売されているオンラインショップにも効果的だと言えるでしょう。オンラインショップだけではなく、アフィリエイトやドロップシッピングなどのネットビジネスにも効果を発揮します。ネットビジネスの場合には、より効果的な文章を書くことが重要になるのですが、やはり最初のPであるパッと見てというのが重要です。店頭に比べて、インターネット上というのは商品を知ってもらうという作業がかなり困難だと言えるでしょう。商品を知ってもらうためには、ある程度の宣伝も必要になりますし、検索エンジンで上位表示をするためには、SEO対策も必要です。SEO対策というのは、検索エンジンの最適化のことで、上位表示してもらうためには重要な作業だと言えるでしょう。それからより魅力的な紹介分を記載して、オーと言ってもらえるようにしていく必要があります。簡単に言えば、最初のPはアクセス数を確保することだと言っても過言ではありません。後は商品の魅力をどれだけ伝えられるかが重要です。ネットビジネスを行う場合には、購入倍率を高くすることが重要になります。例えば同じ商品を売っているオンラインショップが2つあり、両方共毎日100アクセスぐらい人が来ているとしましょう。片方は平均で10人の人が商品を購入しているのに、もう片方は1人しか商品を購入していないとします。この差が購入倍率なのですが、アクセスを集めることができても、POPのOの部分と最後のPの部分がうまくいかなければ、いくら人が集まっても購入には繋がりません。そのため、魅力的な文章というのは、自分の商品を知ってもらう以上に重要なことになるのです。

店頭販売であれば、トーク術と宣伝が重要になります。宣伝方法もいろいろとあるので、人が集まる場所に店を構えることができれば、成功する可能性が高いでしょう。それに対してインターネットの場合には、人を集めることも大変ですし、魅力的な文章で購買意欲を掻き立てることができなければ、成功するのは難しくなります。そこで中山マコト氏は、POPを成功させるための2つの方法を提唱しています。それは内容に興味を持ってもらうように記載することと、買いたいと思わせるような文章を書くという方法です。まずは内容に興味を持ってもらう必要があるので、どのような人向けの商品なのかを明確にすることと、どのような文章で紹介してあれば、自分も購入したくなるのかを考えるようにすることが重要になります。これによってまずアクセス数を稼ぐことができるようになるでしょう。ある程度アクセスが稼げるようになれば、今度は買いたいという行動を起こさせるための文章を記載する必要があります。これが最も難しくなっていると言えるでしょう。トレンドワードを用いて作成するのもよいですし、体験談や口コミなど、生の声を記載するのも効果的です。成功率何パーセントというように、数字を用いてもよいでしょう。他にもメリットだけではなく、あえてデメリットも記載しておくという方法や、他のショップでは記載されていないような文章を載せるというのも新鮮味があります。1つの方法だけを取り入れても効果は薄いので、このような効果的な文章を多数取り入れることが重要になると中山マコト氏は言っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. なぜトヨタカローラ北越への信頼感が高いのかといえば、トヨタカローラ北越がお客さまのことを真剣に考えて…
  2. 谷尾和昭は沖縄で生まれましたが佐賀県に移住し、そして現在ではアメリカに住んでいます。これは親の都合で…
  3. 大淵裕昭は身長が190センチもありますが、この高身長で今まで良い体験をしたこともありますし、ちょっと…

アーカイブ

ページ上部へ戻る