電化製品愛好家・大坪義明が至った、iphoneという境地

大坪義明は、小さい頃から電化製品に大変興味を持った人柄をしていました。家は必ずしも裕福ではなかったため、常に最新式の電化製品にあふれた環境で育ったというわけではありませんでした。その一方で、父親が購入したビデオデッキや、お小遣いを貯めて買った家庭用ゲーム機の操作から次第に電化製品に慣れ親しむようになっていった大坪義明は、大学に入学して一人暮らしを始めたあたりから家電量販店に足しげく通うようになり、大変電化製品に詳しくなっていきました。そのような折、巷で話題になっていたのが「携帯電話」です。当時は通話料なども高額であったため、大学生の大坪義明青年が簡単に持てる代物ではありませんでしたが、彼はゆくゆくは携帯電話を所持したいという憧憬の念を強く持つようになります。そして、そのチャンスは存外早く訪れます。電波通信の自由化に伴う企業参入により、携帯電話にかかる料金が安く抑えられるようになったためです。この時、大坪義明は「様々なプランやキャンペーンを組み合わせることで、携帯電話にかかる維持費は劇的に安くすることができる」という信念に似た考えを持つようになります。

大坪義明が携帯電話を持つようになって10年弱し、日々の携帯電話の進歩にも慣れてしまった大坪ですらも衝撃を受ける革新的携帯電話が発売されます。それが『iphone』でした。初代iphoneは日本での発売が無かったため、すぐにでもこれに飛びつきたかった大坪義明の落胆は大きなものでしたが、iphone3Gが日本でも発売されると、早速食指を伸ばします。当時は優遇プランなども無く月々の維持費を安く抑える方法も乏しかったため、大坪は食費を削ったりして何とか通信費を捻出していました。結婚して子供が生まれた後は何とか妻を説得し、安いお小遣いでの妥協を余儀なくされつつも、給料から高い通信費を拠出するという肩身の狭い日々が続きました。しかし、長く慣れ親しんだことで大坪のiphoneに関する知識はどんどん膨らんでいきました。iphone4sからiphone5にグレードアップした際には、4sを下取りには出さずに分解してその図解とレビューをブログに載せるなどしたことで、大坪義明の名は一部のiphone愛好家の中では知られる存在となります。

また、このようにiphoneをこよなく愛する大坪義明にとって追い風が吹くようになります。Mobile Number Portabilityが開始されたことで、携帯電話会社各社が料金に優遇プランを設けて顧客の奪い合いを始めたのです。これによってiphoneに関わる料金プランは複雑化してしまうのですが、以前から料金に関しても造詣が深い大坪にとっては「のぞむところ」といった風で、常にどうすれば安い料金プランを実現できるのかを思案して実行し、その経過をブログに掲載するようになりました。ここで彼は、理論上での最低金額はユニバーサル料金の2〜3円にまで抑えることができるとしながらも、それにかかる制約などを考慮しつつ、金額は多少かかるもののより現実的なプランを提示するように心がけました。こうした姿勢が評価され、大坪のブログは広くiphoneユーザーの心を掴むようになり、多くの読者を抱えるようになります。また、雑誌編集者からの依頼で、ビジネス雑誌にiphone活用術のコラムまで執筆するように至ります。このコラムの中で大坪は、iphoneとともに歩んだ十年弱を回顧して「一意専心岩をも通すと言うが、iphoneという傑物に一針刺すような仕事ができ、大変光栄である」という賛辞を送るとともに、「iphoneは電化製品の極致とも呼べる製品でありながら、その極致が毎年更新されていく感動は筆舌に尽くしがたい」と結んで、未来のiphoneに対する期待を寄せています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. イベントの企画や舞台などに携わっているリードワンプロモーションは、ショートムービーも手掛けています。…
  2. 私は、京都市内在住の40代女性です。30代後半になってから、脚の冷え性の悩みが出てきました。そこで、…
  3. ハウスクリーニング 高崎のおそうじ革命 高崎店は、リーズナブルな価格でハウスクリーニングをお客様に提…
ページ上部へ戻る