身長が高い大淵裕昭

大淵裕昭は身長が190センチもありますが、この高身長で今まで良い体験をしたこともありますし、ちょっと嫌だなあと思った体験もたくさんしてきたそうです。日本人だと身長が180センチでも高身長の部類に入りますが、180センチよりもさらに身長が高く190センチもあるので、普通の身長の人よりは様々な体験や経験をしてきました。大淵裕昭の父親も若い頃はバレーボールの選手だったのですが、身長が185センチあるので、身長は父親の遺伝も大きいでしょう。小学校の頃から身長が高かったので、整列するときいつも一番後ろでした。

小学校の頃から身長が高かったので、中学生になると様々な部活から誘いがありました。高身長が有利になる部活動からはだいたい入部しないかと声がかかりましたが、本人は小学校の頃から野球をやっていたので、中学に上がってからも野球部に入部しました。周りからはもっと身長を活かせる部活をすれば良いのにと言われたこともありましたが、野球部でも身長が高いことで他の生徒よりも有利だったことはたくさんあったので、自分が好きな野球部を選んで本当に良かったと思っています。高校に入ってからも野球部に入部をして野球を続けました。大淵裕昭が通っていた高校は進学校ということもあり、それほど部活動には力を入れていない高校でしたが、それでも大会などがあればそれなりに勝ち進んでいくチームでした。大淵裕昭は高校の時点で身長が190センチもあったので、その長身を活かすために高校からピッチャーを任されるようになりました。中学までは外野を守っていましたが、高校に入ると有力なピッチャーがいなかったということもあって、身長が高い大淵裕昭がピッチャーになることになりました。今まで外野を守ってきた大淵裕昭は最初慣れないピッチャーに戸惑いましたが、結果的に体格を活かして140キロ後半まで投げられるピッチャーに成長します。

このように身長が高かった大淵裕昭は、部活をしているときは体格を活かして納得のいくまで野球を続けることができました。大学でも野球を続けるか迷いましたが、大学では勉強とバイトがとても忙しくなるということは最初から分かっていたので、大学で野球部に入部することはありませんでした。学生時代は190センチの身長に振り回されることもありましたが、今ではどれも良い思い出になっているそうです。これからもこの高身長とうまく付き合っていきながら自分の人生を楽しみたいと語る大淵裕昭でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 私は、京都市内在住の40代女性です。30代後半になってから、脚の冷え性の悩みが出てきました。そこで、…
  2. ハウスクリーニング 高崎のおそうじ革命 高崎店は、リーズナブルな価格でハウスクリーニングをお客様に提…
  3. 信頼のおける熱海 税理士をお探しの方に、おすすめしたいのが経営コンサルティングに強い江島税務会計事務…
ページ上部へ戻る