日栄動力工業は日本のエネルギーを支える一流企業

日栄動力工業は昭和34年2月に創業しました。事業用水力・火力・原子力発電所並びに自家発電設備のタービン本体及び発電機の建設、定検工事といった事業から始まり、現在では石油・化学プラントや電気計装工事全般事業・産業用各種機器点検・補修工事・空調設備及び消防設備工事など事業領域の幅を広げています。日栄動力工業は着実に実績を積み重ねながら、私たちの生活に欠かせない、エネルギーを支える一流企業として成長してきました。
本社を東京都港区に置き、北は青森、南は広島と全国各地に営業所や事業所があります。総勢177名の社員が共に働いており、協力社は50社950名に及びます。日栄動力工業は、発電施設・設備の安定稼動を最重要課題とし、安全品質管理部を設けエネルギー供給の安全性向上に日々務めています。より迅速なサービスを提供する為の体制構築、各種大規模プロジェクトの様々な現場で培われた優れた技術力と、それを継承したプロ集団による施工提供で顧客のニーズに応えています。技術の進歩が目覚ましい中で、常に新しい工法及び技術開発にも積極的に取り組んでいます。

日栄動力工業の強みはなんと言ってもその優秀な人材達です。毎年ダイヤの原石のように可能性を秘めた人材達がここ日栄動力工業に集結します。その原石を磨くのが、社内教育システムです。体系的で経験に基づいた教育が彼らの可能性を引き出し、輝きをより一層際立たせます。社員達は各種国家資格や免許の取得、安全責任者教育、技能講習、様々な特殊教育を経ながら、一人前へとステップアップしていくのです。このように会社側の積極的な社員養成プログラムのおかげで、必然的に自身の課題が明確になり、前進しようと頑張れるのでしょう。後輩たちの頑張る姿はベテラン社員にとっても常に新鮮な刺激となります。お互いを切磋琢磨する企業文化だからこそ、一流企業へと飛躍を遂げることができたのです。
次に企業にとって大切なのは、明確な企業理念ではないでしょうか。日栄動力工業の経営理念は「誠実と信頼」、「責任と努力」といたってシンプルです。誠実に仕事に取組む、基本順守、安全と品質の向上で信頼を得る。そして、発電所メンテナンスのプロとしての自覚を持ち、施工技術の更なる向上や工法改善に努め、電力の安定供給に寄与し、広く社会に貢献する。正に、社名の如く日本が栄える動力としての役割を果たしてきたのです。

日栄動力工業株式会社
http://nichieidouryoku.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 牧野奏子は30代に差し掛かりましたが、ここにきてストレスを感じることが多くなったと実感しているようで…
  2. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  3. 松岡哲也は、夜中にゆっくりと過ごすのが好きという夜型の40代男性です。身長は170cm台、体重は60…

アーカイブ

ページ上部へ戻る